東京からアクセスしやすい二つの空港

成田空港駐車場と羽田空港は東京首都圏に住んでいる人にとって重要な二つの空港でしょう。どちらを利用したら良いのかと迷う人もいるかもしれません。近くにある二つの大きな空港として違いをよく理解して使い分けられるようにしましょう。

古くからの海外への窓口としての成田空港駐車場

成田空港は東京に先にできた国際空港として古くから海外への窓口としての役割を果たしてきました。国際線の多さでは国内でも比類ないのが特徴であり、100を越える年への国際線が運行されています。海外に出かけるというときには最も選択肢が広くなるため、他の空港からまずは成田空港に飛んで、それから海外へと向かうということも多いのが実情です。実際に就航している便について国内線と比較してみても、およそ読ん分の三を国際線が占めています。裏を返せば海外から旅行客がやってくるときに選ばれやすい空港という影響もあり、成田空港駐車場内には他の空港に比べても海外の人が多く見かけられることが多くなっているのが特徴として挙げられるでしょう。

国際線が増えつつある羽田空港

成田空港に対して羽田空港では国内線に優れているのが特徴と言われてきました。確かに大手航空会社だけでなくLCCも羽田発着の国内線を運行する傾向が強く、全国各地に飛ぶことができるようになっています。しかし、国内線に限らず国際線にもだんだんと拡張が行われているのが現状です。アジア諸国を皮切りとしてアメリカなどにも就航するようになったため、近隣国や主要国へのフライトを探したいというときには成田空港駐車場と並んで候補に挙げられるようになっています。しかし、成田空港に比べるとまだ国際線は少なく、およそ三分の一程度の年にしか就航を行っていません。その点でやはり国内線が多い空港という立ち位置を占めるようになっているのです。

アクセスの問題と成田空港の有用性

都心部に住んでいる人からするとアクセスの問題はどうしても生じやすいのがこの二つの空港です。特に成田空港は首都圏内にあるとはいえ、千葉県にまで出なければならないという欠点があります。その点で優れているのは羽田空港であり、都内の大田区にあるのが特徴と言えるでしょう。アクセスのしやすさから成田空港からも羽田空港からもフライトがある場合には羽田空港を選ぶということもしばしばあるのです。しかし、空港としての規模を考えると勝っているのが成田空港であり、主要都市でなければ大抵は成田空港を選ばなければ直通便はないというのが実情でしょう。汎用性の高さという点で成田空港は確かな地位を獲得していて有用な空港なのです。